家族日記
ヘッポコ家族の日常

言い訳と、ウォーキング

2日置き更新を目標としていたのに、

昨日はサボってしまいました。

私の予定では、昨日の土曜日に、

いつものようにまとめて1週間分書き溜める作戦だったのですが、

前日の金曜日に体力を使うイベントがあって、

その疲れから断念してしまいました。




金曜日、塾の同僚のK先生という19歳(男子大学生)と、

10キロ、歩数にして13000歩歩きました。

二人でウォーキングに出かけた…

のではなくて、

「手配り」というのに出かけていたのです。





手配りは、塾の授業以外のお仕事で、

学校の前に立って下校する生徒に渡すのと、

ポスティングの仕事に分かれます。




この手配り、基本2人組で出かけるのですが。

私はこの手配りは3回目。

1回目は教室長と、

2回目は同い年とは思えないダンディな先生、N先生と。

そして今回の3回目はK先生。



私とK先生が、

「行ってきます!」と室長に言うと、

ニヤニヤしながら

「N先生が、今日は不安な二人組だって言ってたよ。」

と言うんです。

確かに、私は方向音痴だし、

K先生は細くて決して怒らない、いじられキャラですが。



学校に向かいながら、

私「もー失礼しちゃいますね!

  こうなったら全部配って見返そう!」

K「そうですね、僕たちだってやればできるんです!」

などと言いながら意気込んでいました。


しかしその途中…

私「ギャー!ハチ…!」

K「うわぁ、大きい!」

大きい足長バチが私たちのまわりを10秒近く飛んでいて、

震えて待機。



そしてその帰り道。

生徒がティッシュだけ取って、

チラシ等を捨てていないか、

地面をチェックしながら歩いていると。


プップー



私・K「ワー!!」

子供たちには、車に気を付けて!

などと声をかけていたのに、ひかれかける私たち。





私「やっぱり私たちって…。」

K「ちょっと頼りないですかね…。」







しかし、まだポスティングが残っている。

これを全て配れば、さっきのはナシで。

という謎のルールを作り、元気よく歩き始めました。



私は学校の前で配るのは3回目でしたが、

ポスティングは初。

K先生が

「集合住宅が効率的ですよ。」

といろいろ指示してくださって、

助かりました。

しかし、一部は一軒家しかないエリアなどもあり、

配り切るために歩き回っていたら、

10キロ歩いていました。(私の携帯の機能参照)



住宅街からは晩御飯のいい匂い。

この日、私たちは塾に帰ったら夜9時半まで授業。



私「今日は3時に塾集合だったから、夜ご飯食べて来れなかったんです。グー

K「僕もお昼イモケンピかじっただけです。グー

私・K「お腹減ったなぁ。」





この日は授業を終えて帰宅したのが10時過ぎ。

夫に作っておいたカレーをガツガツ食べて、

倒れるように眠りました。






ランキングに参加しています。
ぽちっとクリックお願いします
にほんブログ村 家族ブログへ

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://noritama2012.blog.fc2.com/tb.php/265-2e9bb079
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。